自宅サロン開業を成功させるために必要なメニューと価格

自宅サロンを開業したものの、集客できない。

そう嘆く起業女性の多くは、集客方法が間違っているのではないか。ブログじゃなくSNSもやろうか。集客テクニックばかりに意識が向いてしまいがちです。

もしも「私のことだ」と思ったら、あなたの提供しているメニューや価格は適正なのか、立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

提供するメニューに需要はあるのか

持っている資格=メニューを決める。自宅サロンを開業したいから資格を取る。

間違っているわけではありませんが、自分の好きなこと・やりたいことにこだわりすぎてはいないでしょうか?

そもそも、お金を払ってそのメニューを受ける人はどれくらいいるか、考えてみたことがありますか。

どんなに素晴らしいサービスでも、お金を払って受けてくれる人口が少なければ、収入になりません。

誰のどんな悩みを解消するサービスなのか

自分のやりたいことだけで突き進んでいくと、「ペルソナ」や「ターゲット」と言われるお客様のことを忘れがちになりやすいです。

お客様は、悩みが解消されるとわかって納得しないと、対価を払おうとは思いませんよね。

あなたの心を癒します!と言われても、癒しの定義が広すぎて、どんな心理状態の人がどう癒されるのかわからないと、誰にも振り向いてもらえないのです。

誰か1人を思い浮かべて書けるか、考えてみるといいですね。

サービスの価格を決める

開業当初は自信がないから、1000、3000円といった低い価格で始めているかもしれません。

でも、これではいつまで経っても利益にならないですよ。

毎月10万円の収入で経費を約4割と考え、おおよそ6万円を手元に残したいなら

  • 10,000円の単価で、月に10人
  • 20,000円の単価で、月に5人
  • 50,000円の単価で、月に2人

毎月10人より、2人集める方がラクですよね。

月に何人受け入れられるか、そして何万円手元に残したいのか。

ゴールから考え始めてみることが大事です。

あなたの個性やオリジナリティが反映されたものがベスト

同じサービスが溢れ、情報が簡単に手に入る時代です。差別化できたほうが強いですよね。

急に「こりん星から来た」みたいな設定しなくていいので。笑

自分が過去に受けたサービスで良かったものがあれば、同じように取り入れてみる。

単品のメニューだけではなく、組み合わせるのもひとつの手です。例えば、私の場合はパーソナルカラー診断とカラーセラピーをセットにしました。

また、メニューが多ければお客様がたくさんくるわけではありません。

オージービーフもアメリカンビーフも和牛も、そういうお店より「A5ランクの黒毛和牛のオス」だけのステーキ店の方が、こだわりや自信を感じませんか?

いろいろな資格に手をつけてぼやけるより、絞り込むことをおすすめします。

開業チェックリストのイメージ

開業準備チェックリスト

無料でプレゼントしています。

7日間のメール講座もついてます。