いろぬのかさね小森直美

ホームページを「きれいなだけのカタログ」で終わらせないために

こもりなおみ

1970年北海道生まれ

タオルメーカーに7年間勤め、販売員、店長を経て販売促進課でカタログやDM作成のほか、関東の主要店舗での季節や行事に合わせた商品ディスプレイを担当していました。

結婚し専業主婦となり息子2人を育てながら、42歳で自宅サロン「いろぬのかさね」で起業し9年目。

息子2人(大3と高1)も手がかからなくなり、51歳でWebサイト制作をスタート。

きれいでおしゃれなホームページが得意なWebデザイナー、サイト制作者はあふれています。

でも、ホームページのデザインがおしゃれで美しいことが優先で、お客様のお申し込みにつながっていないサイトも多く見られます。

「駅から遠い」「住所が出せない」「アメブロやってない」中で実際にWordPressのホームページを使って、おうちサロン激戦区で予約が途切れない集客をしてきたというのが私の強みです。

集客に必要なページ、予約にいたるまでのわかりやすさ、コンテンツの内容やキーワード選択にいたるSEOのことまで。

これからWordPressのホームページを集客に使いたいあなたの立場でアドバイスができるWebデザイナーとして、トータルでアドバイスしています。

成功体験だけじゃなく、つまづいた失敗から語れる事例があり、集客で挫折しそうになる気持ちにも丁寧に寄り添うことができます。

商品ディスプレイに色が大きく影響することを経験したことで色に興味を持ち、人の印象を左右するパーソナルカラー(似合う色)を学びました。

カラーセラピーで色彩心理と出会い、色が人間の感情に無意識に影響を与えることの奥深さを知りました。

「女性向けのホームページだからピンク」のような一般的な配色のセオリーではなく

あなたらしさを表現できる配色イメージを、カラーセラピストのスキルを活かして引き出します。